さとうレコード

好きな音楽、気になった音楽を紹介します。 あくまでも個人的な感想ですよ ちょっとづつ更新して行きますっ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
M83
[Dead Cities, Red Seas & Lost Ghosts]
Dead Cities, Red Seas & Lost Ghosts

寒々しいですね。ジャケットからして。
すごく臨場感あふれた打ち込みって感じではないですけど
雰囲気が好きです
アナログなデジタルで空をまう感じですかね。
あっ。あくまでも個人的な感想ですよ。
「Run Into Flowers」「0078h」かっこよいです。
スポンサーサイト
My Bloody Valentine

ラブレスを初めて聴いた時の衝撃は忘れられませんね
ノイズの洪水、でも奇麗なメロディー
さとう的最重要バンドのひとつです。

[Isn't Anything]
Isn’t Anything
1st
ラブレスよりはじゃっかんエッジのある音。
輪郭がはっきりしてると思います。
1曲目「Soft as Snow (But Warm Inside)」のイントロからかっこいい。
最後まで。

[Loveless]
らぶれす

すごく好きで、何回聴いたかわかりません。
アルバム1枚が1個の作品としてまとまっていて、すごく想像力をかき立てられます。
天気の悪い日にぴったりだと思ってます。
特に1曲目onlyshallow、6曲目ionlysaidが好きです。
ドラムの土台の上に舞う様なギターと声ってかんじの立体感まんさいの音が好きです。
あとスネアのタタタタが最強です。
Mum [Finally We Are No One]
むーむ

アイスランドの人。歌の女の人の声が好き。
ぴこぴこというよりはきらきらな感じがいいです。
2曲目の歌、4曲目のディレイの感じが好き。
氷みたいな音だと思います。
Manuel Gottsching [E2 E4]
まにゅえるげっちんぐいーつーいーふぉー

これもミニマルでずっと聴いていたい曲。
1曲しか入ってませんが60分あるのでずっと聴けます。
掘り続けていろいろな物を発見して行くイメージです。
中盤からアホみたいなギターが入って来て30分間
弾き続けてるんですが、かっちょいいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。